スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供部屋の勾配天井! 
我が家の子供部屋は2Fの東側 2008_0410家・間取り2F のちに半分に間仕切って使うように

なっています。

完成見学会に行った時に見た家で、子供部屋が勾配(傾斜)天井になっているところがあり

我が家も間仕切ると4.5帖で狭いので、少しでも圧迫感なく広く感じれるように

勾配天井にする予定でした。勾配天井02 ←イメージ画像

それプラス我が家を建てているHMでよくやっている天井桧張りも・・・。

桧張りにすると、勉強をする時に集中できたり、リラックスできたり、寝る時に優しい感じかなっと。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ 
 ↑ ↑ ↑ 
続きを読む前に、 ポチッと応援よろしくお願いします!

いつも、ありがとうございます!!毎日更新頑張ってます


しかし、この両方をすると約9万アップとのこと・・・・

そこで、いろいろ考えました。

まず、私の父が心配したのは普通の部屋のように梁を通せないので構造上大丈夫なのか?

もう1点が、屋根裏が狭くなるということは真夏に屋根に照りつけた太陽の熱が

そのまま天井に伝わり部屋が暑くなるのでは?っということでした。

構造上は、勾配天井の場合は普通の梁でなく、階段状に形成していくらしく強度に関しては

問題ないようです。

しかし、暑さに関しては・・・熱の伝わり方というよりも天井が高くなった分で部屋の空間としては

広くなっているので、普通の天井に比べてエアコン代がかかるだろうと。



あと、私が引っかかったのは先ほどの画像のような左右対称の△にならないこと・・・。

後から間仕切るために、左右の真ん中には垂れ壁がきて北側の部屋の傾斜は規定があって

tea0815 364 ←このように段差ができることでした。

予算と両方考えて・・・子供部屋の勾配天井・桧張りはなくなりました・・・・。

ごく普通の天井の部屋になってしまいました・・・その分の予算が

段々グレードアップしているキッチンに・・・。

なので、2Fはごくごく普通の仕様になってしまいました・・・!!

子供たちよ・・・桧の効果がなくても、集中して勉強してくれ~ 

その分、おいしいご飯を作るから~


スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://a3408i3436.blog105.fc2.com/tb.php/37-2eee60be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。